LadioCast.png

LadioCast 0.11.1 Released – LadioCast Development Notes No.82

in LadioCast

LadioCast Version 0.11.1 has been released.

Changes from version 0.11.0 to 0.11.1 are as follows:

  • Implemented status menu in the menu bar and added items to change volume levels of the selected devices, open mixer and quit LadioCast.

The new status menu looks like this:

statusmenu

Please notice that the sliders control volumes of audio devices which are selected on LadioCast, not its mixer output levels. The device volume levels also have been seen as grey bars on the mixer window and controllable by speaker buttons. The functionality is basically same but by the sliders on that status menu. Hopefully it will be convenient for the people using LadioCast as an ordinarily audio router on their Macs.

As always, let me know any problems and suggestions by blog comments or e-mails. This version will stay unreleased to the MAS for them.

Enjoy!

4 Responses to “LadioCast 0.11.1 Released – LadioCast Development Notes No.82”

    • kawauso

      Hello Philip!
      Thank you for your suggestion about LadioCast.
      For encoding in HE-AAC, it uses Apple core audio component. I also have been waiting but it seems that Apple hasn’t implemented v2 yet.
      If done, I will add it soon:-).
      Cheers.

Leave a Reply

*


LadioCast 0.11.3 Released – LadioCast Development Notes No.86

in LadioCast

LadioCast Version 0.11.3 has been released.

Changes from version 0.11.2 to 0.11.3 are as follows:

  • Updated libshout library to the latest version 2.4.1.

This mostly corresponds to some new functionalities with the recent Icecast 2 server. I’d like to thank the team and users trying the beta LadioCast under 0.11.3.

Hope you have happy holidays!

13 Responses to “LadioCast 0.11.3 Released – LadioCast Development Notes No.86”

    • kawauso

      yukoさんこんにちは!
      (もし途中で送信されてしまったようでしたら続きからまたお書きください。)
      ではでは〜

  1. よっしー

    初めまして!直接メッセージをお送りしたかったのですが、どこに書き込んで良いか分からずこちらに失礼させていただきます。もし不都合があれば消去していただいて構いません。
    LadioCastについての質問です。
    LadioCastのバージョン 000011003 (1133)を使わせていただいております。
    最近になって、音が右側に偏るようになりました。LとRの欄の矢印を触ってしまったのかと思い、確認しましたが普段と変わりありません。Soundflowerと併用して使っていますが、右に偏って聞こえることは初めてです。LadioCastを通さずに音を流してみると通常通り聞こえます。事例を探してもヒットせず、困っています。どうすれば元に戻るのでしょうか。お教えいただけると幸いです。私はOS X Yosemite10.10.4です。

    • kawauso

      よっしーさんこんにちは!
      書き込む場所はここでOKですよ。
      右に偏って聞こえる現象を少し分析してからがよさそうですね。
      * LadioCastの入力メーターで左チャンネルのレベルが常に0か、わずかでもレベルがあるか
      * LadioCastの出力メーターで左チャンネルのレベルが常に0か、わずかでもレベルがあるか
      * 右チャンネルの出力音声は左チャンネルの音声も含むか、含まないか
      * LadioCastを通さずに音を流す時にSoundflowerを通るか、通らないか
      といったポイントをチェックしてみてそれらの結果をまたお書きいただければと思います。
      ではでは。

  2. よっしー

    こんにちは!返信ありがとうございます!
    初心者でいまいち理解できておらず、拙い日本語になりそうですが…申し訳ありません
    とにかくお伝えできる設定状況は全てお教えしようと思います。

    * LadioCastの入力メーターで左チャンネルのレベルが常に0か、わずかでもレベルがあるか
    └0dbと表記されている部分であっていますでしょうか…そこは0のままで、左右に動かせるバーは一番右に設定しています。入力1と2を使用していて、どちらも0dbでバーは左です。
    * LadioCastの出力メーターで左チャンネルのレベルが常に0か、わずかでもレベルがあるか
    ごめんなさい、勉強不足でどこを指しているか理解できず…。多分0であると思います。
    * 右チャンネルの出力音声は左チャンネルの音声も含むか、含まないか
    入力1にマイク、入力2にSoundflower(2ch)を設定していますが、入力1のことでしょうか…?普段は入力1は使わず、N/Aにしています。入力2の音はは内臓出力設定にしている「出力メイン」と、Soundflower(64ch)に設定している出力Aux1に流れています。
    * LadioCastを通さずに音を流す時にSoundflowerを通るか、通らないか
    └通さず、ヘッドフォンを使用しているため、ヘッドフォンポートに流れています

    あと、ヘッドフォンが壊れているのかと思い別のものを使用して確認しましたが、それが原因でなかったことをお伝えします。
    わかりにくくて申し訳ありません。よろしくお願いいたします…

    • kawauso

      よっしーさん
      回答ありがとうございます。推測を含んでしまいますがこの状況で一番可能性が高いのはSoundflowerの方の左チャンネル(1)の音量設定かなと思います。
      Macの標準アプリにAudio MIDI 設定.appというものがあり、起動するとSoundflowerデバイスの入力・出力それぞれについて、左・右そして主音量の設定を見ることができます。
      それらが全てフルに設定されたままかどうか見てみてください。フルだった場合はまたここにお書きください。
      ではでは。

  3. よっしー

    こんばんは!
    Kawausoさんのおっしゃった通り、Audio MIDI 設定.appを開き、確認したところSoundflwer(64ch)の入力の項目一つがフルになっておらず、一番右端までバーを動かしたところ直りました!
    拙い説明であったにもかかわらず色々と親身に教えてくださりありがとうございました。
    感謝の気持でいっぱいです…!ありがとうございました!!

  4. よっしー

    こんばんは!
    音声が右側に寄る原因がわかりましたので報告させていただきます。
    GarageBandのリアル音源トラックで、録音レベルを触ると音声が右に傾きました。
    自動レベルコントロールにするとバーに合わせて傾きました。なぜ連動しているのかはわかりませんが、一応参考までに報告させていただきました。

Leave a Reply


LadioCast 0.11.0 Released – LadioCast Development Notes No.81

in LadioCast

LadioCast Version 0.11.0 has been released.

Changes from version 0.10.10 to 0.11.0 are as follows:

  • Implemented SHOUTcast v1 streamer to transmit audio streaming to the SHOUTcast Server.

This functionality is requested by people including shoutcast.com’s:). The implementation is just of SHOUTcast legacy protocol version 1, basically.

The LadioCast’s new version series 0.11 has just begun and I will suspend releasing to the Mac App Store until seeing some stability on it. So be careful that it’s still 0.10.10 on the MAS.

Enjoy!

Leave a Reply


Beta testing wanted for the libshout 2.4.1 and SSL – LadioCast Development Notes No.85

in LadioCast

The libshout has been updated from 2.4.0 to 2.4.1 and in the previous version I have missed making SSL enabled.

People who want to test the new beta version, download it from the following link; LadioCast-0.11.3beta.app.zip. This binary is valid until the end of the year.

See also the previous article for more information.

2 Responses to “Beta testing wanted for the libshout 2.4.1 and SSL – LadioCast Development Notes No.85”

Leave a Reply


MacBookに外部マイクをつなげよう(中編) – LadioCast開発記その73

in LadioCast
MacBookに外部マイクをつなげよう(前編) からまた時間があいてしまいました。 そしてこれは中編ということで今回でもまだ終らないんですね^^。

MacBookの4極ジャックを普通のヘッドホンジャックとマイクジャックに分けるような変換アダプターを手に入れたい。 それをイギリスのebayの商品で見つけることができました。 お店自体は香港にあるようで、値段は日本円で¥670、送料は不要ということで購入しました。 IMG_0035.jpg

数日後に届いてこれで万事解決、と思いきや2つ問題点がありました。 1つ目はマイクを接続してもうまく認識されないんですよね。 テスターで調べてみるとどうも内部で断線している模様、とんだ不良品です。 2つ目はヘッドホンジャックとマイクジャックの間が近すぎて、結局双方がかなり細めのプラグでないと同時に指すことができないんですよね。 これは失敗してしまいました。

やはり自作した方が早いのでしょうか。 実際Webを検索してみると自作されている方は結構いらっしゃるようです。 自作の前にまず4極ミニジャックの電極配置について調べてみることにしましょう。 基本的に4極をどう使うかについて統一規格は無く、2種類ぐらいの規格が使われているようです。 1つは CTIA (Cellular Telephone Industry Association) による規格で先端から順に

  • L(左)R(右)GND(グランド)MIC(マイク)
となっているもので、iOSデバイスとほとんどの携帯電話はこのタイプのようです。 もう1つは Open Mobile Terminal Platform (OMTP) による規格で先端から順に
  • L(左)R(右)MIC(マイク)GND(グランド)
となっているもので、Xperiaなどがこのタイプのようです。 規格の不統一も変換アダプターが存在しにくい理由かもしれませんね。 これで電極配置はわかりました。

さて自作ですが、どうやら百円ショップのダイソーで手に入るステレオ出力分配器をベースにするのが良いようです。
IMG_0106.jpg
確かにケースがネジで止められているので開きやすく、個々のステレオミニジャックもケースに固定されていませんので工作するには持ってこいですね。
IMG_0111.jpg
百円ショップには工夫次第で便利に使える物がいろいろあるんですね。

ダイソーに行った帰りに別の百円ショップであるキャン・ドゥに寄ってみました。 何気なく見ているとこのようなものが目にとまりました。
IMG_0112.jpg
プラグの片方が4極ミニプラグ、片方がRCAピンプラグx3です。 ビデオカメラなどから映像とステレオ音声を取り出すコードのようですね。 裏を見てみるとこのようなことが書かれていました。
IMG_0115.jpg
ビデオ業界でも4極プラグの規格は統一されていないようです。 しかしこの電極配置、何かピンとくるものがあります。 そうです先ほどのiOSデバイスのCTIA規格とアース(グランド)の位置が同じなのです。 他の電極はともかく、アースさえ配置が同じであれば工作をしなくても結線のみで変換することができるのではないでしょうか?! しかも百円ショップですからこのコードもなんと百円です。

ということで次回「MacBookに外部マイクをつなげよう(後編) 」ではこのコードを元に工作無しで変換アダプターができるのかどうか実際に試していきます。 乞御期待。

6 Responses to “MacBookに外部マイクをつなげよう(中編) – LadioCast開発記その73”

  1. kawauso

    こんにちは!
    ヤフオクにありましたか。あとは海外の通販を地道にあたるとかですかねえ。
    なお後編に比較的簡単に手に入るコードの組み合わせで作る方法を載せました。

  2. kawauso

    Hello Ahter!
    Sorry for late reply.
    LadioCast can stream mp3 if and only if it finds libmp3lame.dylib installed in the library paths.
    Also the bit version(32bit or 64bit) should be matched then.
    Cheers.

  3. 匿名

    ヤフオクにそれっぽいケーブルが売ってますね。
    他には、自作以外で入手できるんでしょうか…

Leave a Reply