LadioCast 0.11.0 Released – LadioCast Development Notes No.81

in LadioCast

LadioCast Version 0.11.0 has been released.

Changes from version 0.10.10 to 0.11.0 are as follows:

  • Implemented SHOUTcast v1 streamer to transmit audio streaming to the SHOUTcast Server.

This functionality is requested by people including shoutcast.com’s:). The implementation is just of SHOUTcast legacy protocol version 1, basically.

The LadioCast’s new version series 0.11 has just begun and I will suspend releasing to the Mac App Store until seeing some stability on it. So be careful that it’s still 0.10.10 on the MAS.

Enjoy!


らじおぱ for iOS バージョン3.2.0リリース

in Ladiopa

リリースノート

iOSアプリ らじおぱ バージョン3.2.0をリリースしました。 前バージョン3.1.0からの変更点は以下のとおりです。

  • 再生方式の全面的な見直しと再実装を行いました。

具体的には初期(おそらくiPhone OS 2.0の時代)から使用してきたAudio Queueによる再生方式から、iOS 8で新たに導入された音声処理のフレームワークAudio Engineを用いる方式に実装を変更しました。

それから変更点には書きませんでしたが、アーカイブについても根本的な実装の変更を行いました。 具体的には、iOS 7から使用してきたバックグラウンドトランスファーによる実装を止め、通常のダウンロードによる実装としました。 これにより次のようなメリットとデメリットがそれぞれ生じることと思います。

  • いつ停止してもその時点までの音声データが残るようになります。

  • 通知からのアーカイブ開始は多くの場合数十秒以内に停止してしまうと思います。

  • いずれの理由でもらじおぱが停止した場合アーカイブもその時点で停止します。

アーカイブについてはおまけの機能、というわけではありませんがアーカイブのリスト表示画面の下にボリュームをつけました。 ボリュームを上げるとアーカイブ中の音声が(複数あれば複数同時に)モニターできることと思います。

既に細かなバグ修正と改善を施したバージョンを3.2.1としてApp Storeの審査にかけました。

また何か気がついたところがありましたら教えていただけると幸いです。

Note
今回の審査期間は5日ほどでした。 比較的早めですね。

ではでは。

3 Responses to “らじおぱ for iOS バージョン3.2.0リリース”

  1. ヒッピー

    iOS8.1のiPhone6ですが、アーカイブは改善され途中停止でも保存される様になりましたが、ダウンロードが不安定な点は前バージョン同様で、頻繁に途切れる為、アーカイブが分割保存される事から、依然録音はnr Playerに頼っています。これさえ改善されれば完璧なので、なんとか改善お願いします。

    • kawauso

      ヒッピーさん

      レポートありがとうございます。
      Appleの審査が終了するとバージョン3.2.1が出ますのでそちらでもお試しください。
      ではでは。


神田川の桜2015

in Uncategorized

10年ぐらい前の記事でしたか神田川の両岸に咲く桜の360°パノラマ写真をとりました。 今回久しぶりに同じ季節に同じ場所から、昼ではなく夜にパノラマを撮ってみました。

同じ360°パノラマ写真を作るのでも、その道具立てはいろいろと栄枯盛衰があったように思います。 今回のはiPhoneの普通モードで1周11枚ぐらいの写真を撮り、FreeのMicrosoft Image Composite Editor を使ってPC上でステッチングして作成しました。


Beta testing wanted for the libshout 2.4.1 and SSL – LadioCast Development Notes No.85

in LadioCast

The libshout has been updated from 2.4.0 to 2.4.1 and in the previous version I have missed making SSL enabled.

People who want to test the new beta version, download it from the following link; LadioCast-0.11.3beta.app.zip. This binary is valid until the end of the year.

See also the previous article for more information.

2 Responses to “Beta testing wanted for the libshout 2.4.1 and SSL – LadioCast Development Notes No.85”


Emacs入門 #3 等幅フォント再び

in Emacs

前回Mac OS XのEmacsで日本語文字の幅を英数文字の幅のちょうど倍にする方法を書きました。 そこでは日本語文字のフォントを調整して合わせましたが、別のアプローチとして両方とも都合の良いフォントに取り替えてしまう方法も考えられます。 しかもこの方法であればMacでもWindowsでもさらにはLinuxでも統一した表示にすることができるでしょう。

幸いMigMixフォントとしてIPAフォントライセンスで使えるTrueTypeフォントセットがありますので、こちらを使ってみましょう。 MigMixフォントのうち等幅フォントである〝MigMix 1M〞をダウンロードして展開します。

ipag00303
migmix-1m-bold.ttf
migmix-1m-regular.ttf
migmix-README.txt

書体がregularとboldがあるようですので、それぞれクリックします。

Macではこのようなウィンドウが表示されることと思います。

Screen Shot 2014-12-31 at 20.59.42

Windowsではこのようなウィンドウが表示されることと思います。

Screen Shot 2014-12-31 at 21.02.18

それぞれインストールボタンを押してインストールします。

インストールしたMigMix 1MをEmacsのデフォルトのフォントにするには以下のように設定します。

(add-to-list 'default-frame-alist '(font . "MigMix 1M"))

正しく設定されればそれぞれ以下のような表示になることでしょう。

Screen Shot 2014-12-31 at 22.18.00 Screen Shot 2014-12-31 at 22.25.08

Windowsでの文字表示も改善することができました。

〔追加〕なおもしデフォルトのフォントのサイズまで指定したい場合は上記の代わりに以下のように設定した方が優先順位の問題などが無いようです。(Emacs 24)

(set-face-attribute 'default nil :family "MigMix 1M" :height 105)

また今回もEmacsで設定を行う方法自体に入ることができませんでしたね。 それはまた次回以降に、ではでは〜。