Beta testing wanted for the libshout 2.4.1 and SSL – LadioCast Development Notes No.85

in LadioCast

The libshout has been updated from 2.4.0 to 2.4.1 and in the previous version I have missed making SSL enabled.

People who want to test the new beta version, download it from the following link; LadioCast-0.11.3beta.app.zip. This binary is valid until the end of the year.

See also the previous article for more information.

2 Responses to “Beta testing wanted for the libshout 2.4.1 and SSL – LadioCast Development Notes No.85”

Leave a Reply

*


Emacs入門 #3 等幅フォント再び

in Emacs

前回Mac OS XのEmacsで日本語文字の幅を英数文字の幅のちょうど倍にする方法を書きました。 そこでは日本語文字のフォントを調整して合わせましたが、別のアプローチとして両方とも都合の良いフォントに取り替えてしまう方法も考えられます。 しかもこの方法であればMacでもWindowsでもさらにはLinuxでも統一した表示にすることができるでしょう。

幸いMigMixフォントとしてIPAフォントライセンスで使えるTrueTypeフォントセットがありますので、こちらを使ってみましょう。 MigMixフォントのうち等幅フォントである〝MigMix 1M〞をダウンロードして展開します。

ipag00303
migmix-1m-bold.ttf
migmix-1m-regular.ttf
migmix-README.txt

書体がregularとboldがあるようですので、それぞれクリックします。

Macではこのようなウィンドウが表示されることと思います。

Screen Shot 2014-12-31 at 20.59.42

Windowsではこのようなウィンドウが表示されることと思います。

Screen Shot 2014-12-31 at 21.02.18

それぞれインストールボタンを押してインストールします。

インストールしたMigMix 1MをEmacsのデフォルトのフォントにするには以下のように設定します。

(add-to-list 'default-frame-alist '(font . "MigMix 1M"))

正しく設定されればそれぞれ以下のような表示になることでしょう。

Screen Shot 2014-12-31 at 22.18.00 Screen Shot 2014-12-31 at 22.25.08

Windowsでの文字表示も改善することができました。

〔追加〕なおもしデフォルトのフォントのサイズまで指定したい場合は上記の代わりに以下のように設定した方が優先順位の問題などが無いようです。(Emacs 24)

(set-face-attribute 'default nil :family "MigMix 1M" :height 105)

また今回もEmacsで設定を行う方法自体に入ることができませんでしたね。 それはまた次回以降に、ではでは〜。

Leave a Reply


Blogのソフトウェアを変更しました

in Uncategorized

このブログのサイト(blog.kawauso.com)のVPSホストをSaasesからさくらインターネットに変更しました。 そのついでにBlogが使っているソフトウェアをMovable TypeからWordPressに変更しました。

Movable Typeはブログ開始以来8年以上バージョンアップしながら使ってきたので、全く別のシステムへ移行するのは正直気が重かったのですが、世の中はずいぶんWordPressになってしまったようでその隆盛に乗ることにしました^^。

移行に際して以下の点について両者を比較検討しました。

Movable Type WordPress
言語 Perl PHP
データベース MySQL, (SQLite) MySQL, (SQLite)
ページ生成 静的, (動的) 動的
両者とも最新版におけるデータベースはMySQLを標準としているようですが、私はシングルサイトにおいてはMySQLよりSQLiteの無駄のない実装の方が好きでMovable Typeでもそのように設定してきたので、SQLiteが使えることは最低条件としました。 幸いWordPressでも第三者の方の尽力によりSQLiteが使える(SQLite Integration)ことがわかりましたので移行に踏み切ることができました。 ちなみにデータ移行にはMovable Type and TypePad Importerを用いました。

URL構造の変更に伴って、古いURLへのアクセスは新しいURLへ自動的にジャンプするよう別途設定しましたが、もしリンク切れ等ありましたらお知らせいただければ幸いです。

ではでは。

Leave a Reply


らじおぱ for iOS バージョン2.1.0リリース

in Ladiopa

iOSアプリらじおぱを更新しバージョン2.1.0としてリリースしました。 このリリースでの変更点は以下のとおりです。

  • iOS 8に対応するための内部的な変更を行いました。

らじおぱのアーカイブ機能が利用しているiOS 7バックグラウンドトランスファー機能はiOSに導入された機能の中でも非常に不安定なもので、この機能を呼び出しているがためにらじおぱが起動しなくなるなどの障害を起こしました。 この機能の問題と改善のために何度かAppleに働き掛けましたが、おそらくそれとは無関係に(^^;)iOS 8になる際にこの機能にも一応手が入り改定されたようです。 ということでらじおぱがiOS 8上で動く場合は一応改定された方の機能を呼び出すように対応しました。 それ以外の機能上の変更はありません。

ちなみにiOS 8.1まで待ったのはiOS 8.0時代の統合開発環境(Xcode)の出来が良くなく、それまでの特にiPadアプリをそれまで通りの形でビルドし仕上げることができなかったためです(LineアプリiPad版の表示切れとかまさにこの直撃を受けていましたね)。 iOS 8.1時代になっても完全になったとはいい難いですが開発環境の対応にはある程度見切りをつけて、アプリ側で回避する手をいくつか講じてリリースすることにしました。

今回のアプリ審査期間は9日間でした。 iOS、OS X新リリースがらみで混んでいるかもしれませんね。

ではでは〜。

Leave a Reply


らじおぱ for Android バージョン2.0.0リリース

in Ladiopa

有償Androidアプリらじおぱ for Androidを開発しバージョン2.0.0としてGoogle Playにリリースしました。 これはiOS版らじおぱバージョン2の仕様を元にAndroidアプリとしてスクラッチから開発したものです。 そしてkawauso.comとしては初のAndroidアプリとなります。

らじおぱ for Android

iOS版との違いが重要だと思いますのでその観点でポイントを列挙します。

  • 設定でプレイヤーのバッファーサイズを変更する機能は省きました。
  • お気に入りの共有機能は(以前から通知機能との兼ね合いが難しかったこともあり)省きました。
  • スワイプ動作による画面遷移は(Androidにはバックボタンがあること、スワイプジェスチャーの認識に難があったことにより)省きました。
  • お気に入りサウンドのファイル自体を入れ替える機能は採用せず、Androidシステムに登録されている通知サウンドを自由に選択できるようにしました。
  • iOSのAirDropに類する機能は省きました。
  • アーカイブが途中で終了してもその時点までのアーカイブは残るようになりました。
  • 内蔵プレイヤーがOgg Vorbisを再生できるようになりました。
  • 内蔵プレイヤーがAACおよびその派生フォーマットを再生できるか否かはデバイスに依存します。
  • 携帯電話網での再生ビットレート上限値(128kbps)の制限を(Androidは特に制約が無いようですので)はずしました。
  • 携帯電話網での自動アーカイブ抑制処理をはずしました。
基本的な目標としてiOS版の機能と使用感をなるべく再現したいというのがありましたが、それについては(ずいぶん苦労はしましたが)まずまず出来たのではないかと思います。

今回の開発でAndroid SDK(ソフトウェア開発キット)やGoogle PlayがiOSと比べてどのような点が優れていてどのような点が劣っているかいろいろと知ることができました。 これについてはまた機会を改めてエントリーを書ければと思います。

このソフトウェアの動作や仕様について、プログのコメントやメールにてぜひお知らせください。 ではでは。

Leave a Reply